安心・安全そして環境にもやさしいパプリカを栽培しています。

パプリカについて

  • HOME »
  • パプリカについて

ゆぬきファームは、福島県相馬市柚木にて3300㎡のダッチライト型ハウス(本棟)にて約10,000株のパプリカを栽培しております。

操業は2015年秋からと同地では初めての生産となりますが、化学合成農薬を極力使用せず、廃液も浄化するなど、環境に優しい栽培で、お客様からは高い評価をいただいております。

また、一部のお客様からは、「福島県の農産物は放射能汚染されている」との声を伺うこともありますが、相馬市柚木地区は除染対象地域ではありません。相馬市の露地栽培でのお米においても、全量検査をされており、放射能物質は一切検出されておりません。

とはいえ、当ファームとしても細心の注意を払うべく公的機関による放射能検査を実施しており、セシウム等の放射能物質は一切検出されておりません。

どうぞ、ご安心してお召し上がりください。。

安心・安全そして環境に優しい栽培方法です。

当ファームは、残留性のある化学合成農薬を極力、使用せず、人にも環境にも影響がない有用微生物や天敵昆虫等を用いることで、安全・安心なパプリカの栽培しております。

また、パプリカを栽培するのあたり、温室内の温度を上げる必要があります。この暖房には一般的には重油を用いておりますが、当ファームでは木質バイオマスを用いることで温暖化ガスである重油の削減に取り組んでおります。

これらにより、地球環境に優しく、かつ人も優しいファームとしてご支持をいただけるようスタッフ一同、努力して参りますので、よろしくお願いします。

パプリカの購入及び当ファームへのお問い合わせは TEL 0244-26-9844 午前9時~午後5時まで

PAGETOP
Copyright © ゆぬきファーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.