安心・安全そして環境にもやさしいパプリカを栽培しています。

化学合成農薬を極力使用せず栽培しています。

残留性のある化学合成農薬は、極力使わずに栽培しております。
現在、日本で使用されている化学合成農薬の大半は、普通農薬と呼ばれる残留性の低く、かつ毒性が低いものが主流ですが、それらであっても、生産者である私たちは、希釈前の高濃度な原液を取り扱うこととなり人体に対して影響がないとは断言できません。
また、購入頂くお客様の中でも過敏な方々に対してはリスクが100%ないと断言できません。
弊社が理念としている「おもいやり」は、お客様はもとより、栽培管理を行っているスタッフに対しても同じです。
そこで、当ファームでは、安全性が担保されている、すなわち日ごろ、食べ物として食べている酵母菌、乳酸菌、納豆菌(枯草菌)等の微生物資材を葉や培地に定期的に散布しております。これにより、パプリカの免疫力を高めることでパプリカの病気を予防しています。なお、これらの散布により「納豆臭い」「味噌臭い」といった臭気を感じることは一切ありませんのでご安心ください。
また、害虫については、有機栽培で使用が認められている特定農薬(重曹等)や天然物から抽出された有機認定農薬を使用することで防除を行っております。
しかしながら、これらの特定農薬や有機JAS認定の農薬では、防除が不可能な事態もありえます。このため、
栽培に大きな影響がある場合には、残留性の低い化学合成農薬を部分的に使用する場合がございます。
具体的に使用又は使用を予定している特定農薬及び有機栽培で使用可能な農薬
 1. 硫黄くん煙剤  (直接 パプリカには散布しません)     ・・ 病気の予防
   2.     オレイン酸(オリーブオイル)                 ・・ アブラムシの防除
 3. 天敵昆虫(コレマンアブラバチタイリクヒメカメムシ)    ・・ アブラムシ・スリップスの防除
 4. スピノエース (土壌放線菌が産生する天然物由来の殺虫剤)  ・・ スリップの防除

パプリカの購入及び当ファームへのお問い合わせは TEL 0244-26-9844 午前9時~午後5時まで

PAGETOP
Copyright © ゆぬきファーム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.